クレアチンとhmbの違いと併用量やタイミング、いつから効果が出るかについて解説!


解説!クレアチンとhmbとの違いとは?併用すると効果があるのか?効果はいつから?

男性だったら一度は筋肉がムキムキのボディに憧れを抱いたことがあるのではないでしょうか。
何故なら『筋肉フェチ』という言葉があるように、筋肉質のボディは、女性にモテるからです。
勿論女性がスレンダーな男性を好む女性もおりますが、基本的に人は自分にないものを求めます。

しかしある程度筋肉がついている男性に対して、「頼りがいがあって素敵」等の魅力を感じる女性は多いのです。

実はこのことはアメリカの研究チームによって学術的にも証明されていることなのです。
ではボディビルダーまではいかなくても、ある程度の筋肉を付ける為にはどうすればいいのでしょうか。

クレアチンって何?

ではクレアチンとはどんな成分なのでしょうか。
簡単に言えば、体内の筋肉に含まれているアミノ酸の一種です。
接取するとエネルギー源として体内に蓄えられ、瞬発力を必要とする運動をした時に消費されます。
だから、筋トレ等の運動の時にはよりメインに消費されることになりますね

これは有酸素運動ではなく、ウエイトトレーニングや短距離走、それに瞬発力を用いたような無酸素運動に対して効果があり、運動能力の向上に根ざしたものです。

このうち、HMBやBCAAなどは、筋肉を形成させていく上での、成分となりうるものなのですが、パフォーマンスの向上になるクレアチンとは大きく異なってきます。

クレアチンの効果とは?
クレアチンは所謂筋肉のエネルギー源です。
クレアチンが多ければそれだけ持久力もアップします。
より長くトレーニングを続られることで、より多くの筋肉をつけることが可能になるのです。

hmbとは?

hmbとは近年筋肉量を増やすことができるとして注目されている成分です。
hmbそのものは体内に存在している成分で、微量ですがナマズやグレープフルーツにも含まれています。
そしてhmbがしっかりと筋肉に栄養を与える為には、1日に1000㎎から3000㎎の摂取が必要になってきます。

クレアチンとHMBの違いとは?

プロテインやHMB、それにBCAAやクレアチンのサプリメントなどというように、筋トレに関して飲むことを推奨されるものは非常に多くあります。
このなかで一体どれを飲めばよいのか悩んでしまうことも多いことでしょう。

しかし、これらのサプリメントの違いとはどのような点にあるのでしょうか。

よく言われるように、HMBとクレアチンとを併用することによって、相乗効果がある旨記載されていることはありうるのですが、クレアチン自体の効果はパフォーマンスに関するものであることから、筋肉を形作ることには何ら関係ありません。

クレアチンを摂ることをオススメできる場合

筋肉の瞬発力の向上といったパフォーマンス面に効果があるクレアチンの特色からして、現時点での筋力よりもさらなる高い筋力を得ることが目的であるために、重量物を扱う人に向いたものとなります。

クレアチンの作用として、ATP合成というものがあるのですが、これこそが、瞬発力や筋力に欠かせないエネルギーとなるわけです。

クレアチンの効果的な摂取方法

クレアチンの摂取方法とは、特に時間に関しては制約はないのですが、1日につき、3グラムないし5グラム程度摂取するとよいとされています。
つまり、筋トレをする時間には左右されず、また、寝る時間にも左右されません。

なぜなら、飲用することによって、即時に筋肉に作用する性質のものではなく、3週間程度経過させて、段々と総和状態に仕上げていくからです。

そのために、クレアチンの効果が出始めるのは、飲用してから3週間後とのことであって、毎日欠かさずに、3〜5グラム摂りましょう。
どのような飲み物と合わせればよいかですが、水であっても構わないようです。

筋トレをしていく上で、HMBやプロテインを一切摂取せずに、クレアチンを摂ることはあまり一般的ではありません
筋肉を構成するタンパク質は必要不可欠であるので、プロテインのなかでも効率のよいとされるHMBとクレアチンとを一緒に摂るとよいでしょう。

それに、プロテインであれば、量を多く取らなければならず、内臓への負担が大きくなるために、HMBはオススメできるということです。

クレアチンとHMBとの併用はしないほうがいいのか?

HMBサプリに関して、クレアチンとの相性がよいというのは、特に脈絡はないのであって、たまたまそのようなデータがあったという事実にとどまります。
しかし、併用すること自体は悪いことではありません。

人体にクレアチンを摂り飽和状態へと導引していくには、1ヶ月につき、毎日4グラム相当を摂取し続けることにあります。
HMBサプリメントとクレアチンとを一緒に摂取するというのは、それぞれで目的が異なるために、コストパフォーマンスの点から、考慮すると良いでしょう。

hmbとクレアチンの併用の効果を感じよう

hmbとクレアチンを同時に摂取することで、筋トレの効果が現れてくることは確認されています。
でもどうやって摂るのか分かりませんよね。
実は筋トレの持久力をあげるクレアチンと筋肉を作るhmb、この二つを効果的に摂れるサプリメントがあります。
それは『DCC ディープチェンジクレアチン』です。

hmbとクレアチンを同時に摂れるサプリメント

icon-magic 【DCC ディープチェンジクレアチン】
『DCC ディープチェンジクレアチン』の一番の魅力は何と言っても配合量の多さです。
サプリメントの中では最高クラスの配合量です。

hmbとクレアチンの併用の効果は、毎日の筋トレで徐々に現れてきます。
「筋トレを始めるきっかけとなった。鍛えると少しずつ体が変わるので面白い。」や、
「スーツ越しからでも体がガッチリしてきたと、会社の部下に尊敬されてしまいました。」
等の声が聞こえてきます。

hmbとクレアチンを併用して効果を実冠したい時は、『DCC ディープチェンジクレアチン』の様なサプリメントを利用することをお薦めいたします。

筋肉をつけたい!

筋肉をつける最もポピュラーな方法でいうと、『筋トレ』ですよね。
プッシュアップ(腕立て伏せ)等に代表するトレーニングは自宅でもできて大変手軽なのですが、継続しなければ意味はありません。
筋トレは、長期間継続することで徐々に効果が現れてきます。

これから続けていく励みにもなるようにと、出来れば短期間に効果を感じたいものですね。

 

人気の筋力UPサプリ一覧

【DCC ディープチェンジクレアチン】

【メーカー】DCC ディープチェンジクレアチン 

icon-chevron-circle-right ジムに行けなくとも会社の通勤時に階段を使用する、肉体系の仕事をしているという人にも効率よく筋肉をつけてほしいから、せっかくトレーニングした分を無駄にしてほしくないからそんな時間に追われる現代人に使ってもらいたい、効率よく、最短・最速で理想のカラダを手に入れてほしいという理想から生まれた、3大筋肉歓喜成分配合【クレアチン・HMB・BCAA】

ビルドマッスル

【モイスト】ビルドマッスルHMB

icon-chevron-circle-right「ジムに通う時間がない」「筋トレしても思うようなスタイルにならない」「プロテインを飲んでいるけれど引き締まっているような気がしない」こんな悩みを抱えている人は意外と多いのではないのでしょうか?そこでより効果的な筋肉トレーニングのためにサプリメント先進国アメリカで誕生したのが『HMB』です。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
» クレアチンとhmbの違いと併用量やタイミング、いつから効果が出るかについて解説!